2006年02月16日 (木)

堀井氏@トリノ

トリノオリンピックで連日睡眠不足の人も多いのではないだろうか。ワタシも3時くらいまでは頑張るけれども、睡眠が少なくてもやっていけるタイプではないので、そこそこにしている。オリンピック競技自体を見るのも楽しく、五輪期間は一人でわくわくだ。毎年、スポーツ競技会はあるのに、五輪が一番盛り上がってしまうのだな。。。

今五輪は日本人選手は今一歩のところで、または遙か遠くメダルには届かないことが多いようだ。が、メダルはどっちでも良い。今大会で楽しみにしているのは、スキーの佐々木選手だったりもする。及川選手の所属会社びっくりドンキーにも興味あり。
そして、この五輪の中で発見した、注目すべき人がいる。それは堀井学氏だ。リレハンメル大会で銅メダルと獲得し、今大会では解説者としてトリノに行っている。彼の解説にワタシはくすぐられるのだ。先ず、僧侶のような風貌。案外に澄んだ良い声。落ち着いた柔らかい話し方。そんな彼が、日本人選手のレースでは「さあ、これからだ!」「行け!」「氷を捉えている!」などと静かに盛り上がりを見せる。これがたまらない。また、惜しくもメダルに届かないタイムだったりすると、さも残念そうに「くわーー」と声を絞り出す。選手時代よりも大きく注目している。これから、スピードスケートの解説は堀井氏でいってほしい。

因みに、解説者といえば、お気に入りは他に、サッカー・松木氏、マラソン・増田氏、フィギュアスケート・佐藤氏などなど。松木氏は試合がどうであろうと楽しめる。増田氏、佐藤氏は心地よく聞ける。解説者にも向き・不向きがあるのだな。

by kasuke : 2006年02月16日 17:18
This Trackback No.
2006年02月23日 02:35
シベリアの雪面
excerpt: 「シベリアのへび道」以来、中欧旅行の続編エントリーは一月ぶりとなってしまった。 この写真も同じくルフトハンザがシベリア...
weblog: 谷中M類栖
comment

こんなん見つけてもうた(^^;)
http://www.119himuka.com/fusafusa.html

by く太 : 2006年02月23日 02:28











  




▲PAGETOP