2006年12月31日 (日)

久々の韓国・二日目(その2)

大長今テーマパーク「チャングムテーマパーク」はソウルの北、楊州にあるMBCの撮影所にある。チャングムの撮影が行われたところがすっかり観光地化されているのだ。そこに向かうにはまず地下鉄1号線の議政府北部駅で降り、そこからバスなどで行く。歩道橋を渡ってバス停に行く。30番のバスで行くという情報だけ知っていたのだが、どうやらそのうちの数少ない数本しかMBS方面には向かわないそうだ(「ゴルフ場行き」に乗ればよかったようだ。そこまで覚えていなかった...)。バス停には日本人らしきカップルが一組おられ、ちょうどそこにタクシーの技師さん(韓国ではこういう)が15,000ウォンでどう?と来られた。うーん、と考えていると、ワタシと家人、そしてもう一組のカップル二組一緒に乗って、一組7,000ウォンで良いと言い始めたので、4人で合意してタクシーに乗り込んだ。が、今思うとせめて12,000ウォンに交渉しておくんだったと後悔。。。

撮影所に着くと、ゲートで一旦停止。料金所のアジョッシがどこの国の人か聞いて来る。技師さんに日本人と聞くと、料金と交換に日本語のパンフレットを手渡してくれる。車に乗ったまま料金支払いができるのですな。入場料は5000ウォン也。

大長今テーマパークさて、降りると、あら〜♪あるではないですか。まずは出演者の手形で作られたレリーフのようなものがお出迎え。それをさらに行くと宮殿の正門みたいなところから入って行く。おぉとハン尚宮様が駆け寄り、抱き合うシーンの場所ではありませんか。様々な場所に代表的なシーンの写真パネルがあり、説明文もある。こんなに狭いところで撮影していたのだなぁ。水刺間なんて本当に狭い。また、同じ場所で様々なシーンが撮影されているのだなと分かる。建物の裏側は勿論暗い。が、そうした場所でもいろんなシーンが撮影されている。ライトというのはありがたいものだなぁ。狭くても広く見えるように工夫もされている。例えば、例の長今とハン尚宮様がそれぞれ母の親友・親友の娘であることを知り駆けて行くシーン。勿論セット内ではあっと言う間だが、様々な場所をつないで広い宮中を駆ける感じがある。

大長今テーマパーク王様とミン・ジョンホが弓を射る場所も驚くほどに狭い。こんなところで弓を射っては弓が木々に当たるではないかと思うほどだ。木の下に隠された甘酢がある東屋の柱には日本語を始め、中国語、アルファベットで落書きがしてあり大変に残念。中にはタイ語の落書きまであった。ここでは酢のことばかりが気になり、長今がお母さんの手紙を隠したところをチェックし忘れてしまった。

見て回った後にはお土産屋さんへ。本当は扇子が欲しかったのだけれど、店員に聞いてもなかったので、書物型メモ帳1500ウォンを購入。余り期待していなかったのだけれど、開けてみたら、韓国語、中国語、平仮名の3種類で「オナラ」の歌詞が書いてあったので、ちょっと感動。ただし、メモ帳として使えそうにもなくなった。

大長今テーマパーク撮影所を見て回り、現在日本に帰って思うこと。行った時には「あぁ、こうなっているのか」「こういう感じか」「ここがあれか」という気持ちが強かった。が、今日本に帰りまた「大長今」を見ると、「あ、ここはあそこだ!」と感慨が一層深い。実際に撮影所を見ているので撮影した場所や角度などがよく分かる。よく分かった今、もう一度撮影所に行き、一日掛けて撮影の時のカメラ位置で写真を撮りたい、家人に正しい位置に立ってもらって撮りたい。などなど、ドラマを見ながらより一層また行きたいなどど思ってしまうのだ。撮影所はいつかは壊されてしまうであろうから、この願いが叶うかどうかは分からない。

この日はもう一つ行く目的地があったので、撮影所も名残惜しいが帰ることに。
あぁ、もう一度、もう一度行きたい。

by kasuke : 2006年12月31日 01:27
This Trackback No.
comment











  




▲PAGETOP