2007年01月28日 (日)

久々の韓国・四日目(その1)

今日はソウルに宿を移すことにしていた。家人も待ちに待っているコンサートもあり、帰りが遅くなると、やはり友達にも悪いと思う。また、竜仁市とソウル間の移動は2時間くらいは掛かってしまうので時間が勿体ないのだ。
いつものように友人宅にあるものを適当に冷蔵庫から出して朝食を食べる。出かけるその前に友人からの頼まれ事をした。友人は娘に韓国語以外に英語も日本語も学んで欲しいらしく、平仮名とカタカナのカードを作って欲しいという。泊めてくれたお礼も兼ねて家人と作っていった。

いつものバス停まで旦那さんが送ってくださる。友達と娘とはお家でお別れ。本当に感謝へ〜。また来るよ。その頃にはもう娘も話せるようになっていることだろう。ペンパルから始まった友人だが、手紙だから書けることもたくさん書いて来た。会う事はなかなか出来ない友達だけれど、かけがえのない友達の一人だ。次に会えるのはいつだろう。彼女と家族の幸せと健康をいつでも祈っている。。。

バスで一路ソウルへ。YMCA前で降りて、歩いて旅館「新進荘」へ。ここは家人が独身の時に利用したことのある旅館で、二人になってからも利用したことがある。ちょっとした定宿でもある。ワタシが独身のときは他の旅館に一人で泊まった事もあるが、大抵は友達の所にお世話になっていたので、韓国に行ってもソウルであるならば、余り旅館経験はないのかもしれない。

韓国の物価は思いのほか高くなっており、それは宿泊費もそうである。新進荘も以前は1万5千ウォンだったが、今回は2万5千ウォンにもなっていた。以前とは経営者も変わったようだけれど、今のアジュンマはとても愛嬌のある人で、鍵を貰って部屋に向かうとすると、呼び止めてミカンをくれたりする。それに、普段はあるはずの宿帳への旅券番号書き込みも何もない。良いのかな。

荷物を部屋に置いて出かける。まずはお昼ご飯。「チヤボル」というマンドゥのお店に行く。水マンドゥとククスを頼み、二人で半分ずつ食べてみた。水マンドゥが大変おいしい。ククスは普通。ククスは案外普通の粉食で食べた方がおいしいのかもしれない。この店は人気なのか、お昼過ぎにも関わらず、ひっきりなしにお客は入ってくるし、日本人客も多かった。

興礼門この日の第一目的地は「景福宮」。
守門将交代式があるというので、まずそれを見に行った。興礼門の前に行くともう既に終わりかけていた。式が終わり衛兵の格好をした人が門の所で警備に付くと、人々がその横で記念写真を撮ろうとする。その間も衛兵役の人は微動だにしない。さぞかし、うっとおしいのだろうかと考えながら、ちょっと離れたところから撮影。これでは同じだ。。

興礼門ところで、この交代式が行われるところは、以前旧朝鮮総督府庁舎があったところだ。初めてワタシが韓国に行った時にはまだあり、博物館であった。まぁ、その10年以上も前にすでに美術品の移動は始まっていた。日本帝国時代の建物であるから解体も普通のこととワタシは思っていたが、それを今回友達に話すと、彼女はそれも韓国の歴史の一つであるから、あっても良かったのではないかという意見であった。なるほど。しかし、庁舎がないとだだっ広いですな。

景福宮興礼門を抜けると勤政殿がすぐに見える。荘厳ですな。石畳に並ぶ石碑の様なものは官位を表すものでそこに整列したのだとか。以前行った時には知らなかったが、今回は「長今」の豆知識で分かっていた。分かってみると感慨深いものである。
その後も広い景福宮を歩く。どこにも人が多い。水原の宮殿とは大違いだ。。この日は他にも行くところがあったので、全部を見るのは無理と判断。が、今回絶対に見たいものがあった。それは景福宮の中の乾清宮である。そこは閔妃が日本公使らによって殺害されたところだ。閔妃については長くなるので割愛するが、その場所をちょっと見てみたかったのだ。だが、そこは残念ながら工事中であった。うむ、また次回に繰り越しか。。。
本当は他の宮殿も家人に見せたかったが、時間がない。今回はこれだけになってしまった。時間がないのが本当に残念である。

三清洞広い宮殿を抜け出て三清洞に向かう。この辺りは近年人気があるところだという。以前も韓国の伝統的家屋が多いところなので、ふらふらしたことはある。そこが、今、オサレなカフェやお店がある場所として若者に人気があるのだ。我々も行ってみた。が、残念なことに行き過ぎていた。日本でも町家などを改造してカフェなどにしているところが多いが、行き過ぎると悲壮感にも似た残念なことになるのだなと感じた。韓国の若者もこぞって集まっている。人でいっぱい。写真を撮る人も多い。しかし、これで良いのだろうかと疑問に思ってしまう。昔からの家屋は美しい。できたら、そのままであって欲しい。が、それも外側からの感傷でしかないのだろうか。

次の目的地に行く前に休憩しようということで、仁寺洞に行く。ここも人でいっぱいだ。伝統茶を飲もうとするが、人が多くて、入られるお店を探すのにも時間がかかった。「伝統茶院」に席を見つけ入る。伝統茶を人でいっぱいの、がやがやした中で飲むのは何だか寂しい。棗茶と五味子茶、そしてお菓子を頼む。一杯6000ウォンくらいだ。あぁ、高いなぁ。一杯700円以上の飲み物なんて。
時間がない。次の場所に急がなければ。

by kasuke : 2007年01月28日 23:38
This Trackback No.
2007年06月18日 00:20
棗茶 といえば
excerpt: こんなものもありますよ。ぜひお越しください!
weblog: cacchao.net
comment











  




▲PAGETOP