2007年03月05日 (月)

久々の韓国旅行・五日目(その2)

ソウル市内に戻ってから、すぐに南大門に向かった。最近は南大門の下を通る事ができると知ったからだ。これは行かねば。下を通らなければ。南大門はソウルを代表する建造物の一つであるのだから。昔はただただ離れたところから見るだけだったのだから。行かねば。が、最寄りの地下鉄「会賢駅」で降りて南大門に向かおうと歩いていたら、ソウル駅の方に出てしまった。あぁ、ショック。昔なら迷わず言っていただろうに、ソウルの道を忘れている。。。一度地図で確認してから南大門へ。きれいに整備され、見に来る人もちらほら。こんなに近づく事が出来て、ちょっと感動モノである。一度で良いけれど。。
その後は南大門市場に行き、家人とは21時に旅館で落ち合うことにして別行動。ワタシは市場でお土産を少し買うことにした。しかし、ここでまた迷ってしまいそうだった。市場にはいくつか棟があり、それぞれにある程度決まったジャンルのものを売っている。昔は目的の棟まで迷わず行けたものだが、それも分からなくなってしまっていた。あぁ、ショックだ。が、かすかな記憶を頼りに行動。家人のクッションカバーとお土産の小物入れを交渉して少しだけ安く買った。
次は「京東市場」へ。クッションカバーのお兄さんが直行のバスがあると教えてくれたけれど、渋滞していたらかえって時間が読めないので地下鉄で「祭基洞」へ。そこからすぐにその市場はある。ここは漢方薬の市場である。ここに来るのは初めてだ。もう時間も遅かったので開いている薬局は少なかった。そのうちの一軒で棗を購入。そこのお兄さんに日本に持って帰るのは大丈夫かと尋ねると、大量だと問題だけれど、少量なら大丈夫ということだったので600gだけ購入。五味子も購入したかったが、高かったので断念。お兄さん曰く、日曜日だから開いている薬局が少ないのだとか。棗も中国産と国産があり、勿論中国産の方が安い。が、韓国でも中国産は余り良くないというのがあるらしい。この近くの「健康百貨店」にも行ってみたが、人がおらず高そうだったので、すぐに出てしまった。この市場にはもう一度明るいうちに来てみたい。
さて、その次は「ロッテ百貨店」。地下の食料品売り場にでお土産用キムチを購入。お店の人が飛行機持ち込みでも問題ないようしっかり包装してくれる。おまけも一つもらった。あとは「ヘパラギ・チョコレート」(ひまわりの種をチョコレートコーティングしたもの)を箱買い。これは何社が出しているが、ロッテ社のものが一番おいしい。その他調味料の「タシダ」なども購入。コチュジャンなども買おうかと迷うが、物価の高さと日本円の弱さで案外高く、荷物の重さを考えると日本で買っても大差ないと判断。そして、インスタント韓国茶の「サンファ茶」と「五味子茶」も購入。韓国では百貨店やコンビニなどではレジ袋は有料でそれに備えて袋も持って来ていたが、重さでそんな余裕もなかった。まだ、時間はあったが荷物が重く疲れたので早めに旅館に帰ることにした。その前にデパ地下でマンゴージュースで一休み。旅館までは十分歩ける距離である。
あ、旅館に帰る前に鐘路の「missha」にてお土産も兼ねてパックなど3万弱ウォン分購入。3万ウォンで膝掛けが付いて来ると言われ、更に多めに買い、膝掛けもゲット。
旅館に着いて、家人を待った。家人はホットックを仁寺洞で並んで購入したらしく、お土産にしてくれていた。このホットックは有名屋台らしい。
その後、二人で仁寺洞で夕食。ククスにピビンパプ、チジミ。味は普通。夜も遅く、希望のお店はなかなかなかったので仕方ない。値段も高い。これで3万ウォンくらい?? 旅館に帰ると「親切なクムジャさん」をやっていたのでちょっとだけ見て就寝。今日も疲れたな。

by kasuke : 2007年03月05日 00:35
This Trackback No.
2007年06月08日 17:49
サンファ茶 といえば
excerpt: こんなのもありますね。
weblog: サンファ茶?
comment











  




▲PAGETOP