2009年06月27日 (土)

2009 福岡 西日本パスの旅(その1)

給付金に合わせて出たJR西日本の「西日本パス」で福岡に行った。このパスは大変使い勝手も良く、お得であったので、是非来年以降も企画して欲しい。

博多には11時前に到着。予約しておいた旅館「鹿島本館」へ。この旅館は駅からも近いので便利も良く、文化財指定も受けており情緒的にも大変良い旅館である。古いのがまた良い。我々はチェックインの時間より大分早く着いたのに、気持ちよく対応して下さり、部屋に通して下さった。

荷物を置いて、昼食に。旅館近くにある、福岡の友人に教えて貰った「かろのうろん」にて昼食。どうやら「ごぼてんうろん」といううどんが名物らしいのだが、その時、ごぼてんとはおでんなどに入っているものだと思い、他のものを注文してしまった。ワタシはきつねうろん、家人は明太子うろん。讃岐でも関西でもないうどんの味である。出汁の味が素朴な、そのままの味の様な感覚。大変、おいしい。家人の明太子うろんは味もだが、見た目もなかなか衝撃的で見たことのない、食べたことのないものであった。後で知ったことだが、博多はうどんの発祥地らしい。博多で一度はうどんを食べること、オススメだ。

櫛田神社にちらりと行き、お参り。「博多町屋・ふるさと館」も見学。ここでの機織りはスケールが大きくてひとしきり感心。旅館もそうだが、間口で税金額が決まったので細長い造りになっている。

その後、ループバス「ぐりーん」に乗って福岡市博物館へ。ここでは我が父が見たがっていた「よみがえる黄金文明展」がちょうどやっていた。トラキアのものなど見る機会が今までになかったので、琴欧洲の祖国ではこんな文明・文化があったのか...と想像しつつ、大変面白かった。また、ここには教科書にもある「漢委奴国王」の金印もある。思ったより小さかったが、レプリカであっても実際に見ると感動するものだ。
あぁ、我々には時間がない。もの凄い速さで博物館を見て回る。博物館をあとにして、次の目的地まで「ぐりーん」に乗る。

まずは鴻臚館跡展示館へ。福岡城跡のお堀を越えて行くと、そこに鴻臚館跡がある。今も発掘調査が行われている。そして、跡が示されている地図を見ると、何だかおかしい。城跡であるので遺跡の柱の配置など無視して建物が建てられたとはいえ、現代においてもそれを囲む道筋がおかしい。よく考えてみると、そこには昔平和台球場があったことに気がついた。球場の形にそって道があるのだ。うむー、何だかもの凄い歴史の推移をそこに見たように思い、妙な感動を覚えた。かつて迎賓館であったところに城が建ち、そして球場ができ、野球の歴史も刻まれ、そして、今発掘調査がまた行われている。感慨深くてたまらない。鴻臚館もなかなか興味深い遺跡である。

その後は福岡城の天守台跡まで。途中には平和台陸上競技場が見える。国際福岡マラソンが行われるところでもあり、これまた見ることが出来て感動。天守台に通じる石垣は大変立派で面白い造りになっている。天守台から眺める景色もよろしい。今回は櫓などは見に行く時間がなかったので、この点は悔やまれる。

地下鉄にも乗ってみたいということで、一駅分だけ乗る。福岡地下鉄はお隣の駅には100円で行くことが出来るのだ。これだと歩ける距離でも乗ろうかという気になってしまう。利用率を上げるのには効果的ではないだろうか。赤坂駅のホームに降りてみる。何だか暗い。節電のためにすべての灯りをつけていないのかなと思いきや、みんなついている。ただ暗いだけであった。節電の為には良い事だが、一人で夜に乗るのはちょっと怖いかもしれない。電車に乗って路線図を眺める。福岡空港は博多駅から二番目の駅なのだな。とても便利だな。博多は動きやすいなと感じる。

福岡の友達と待ち合わせ、お薦めのモツ鍋屋「」に行く。あぁ、おいしいな。
本場で食べてみて、大阪で二度ほど食べたモツ鍋は違ったのだなと分かる。本場のものは出汁もモツも大変おいしい。うどんの時もそうであったが、味が素直なのだ。心にしみ入るというのだろうか。締めはチャンポン麺。福岡ではチャンポン麺がスーパーマーケットで普通に売られているそうだ。大阪にはスープ付きのものは売られているが、麺だけはなかなかない。食文化の違いが面白いな。

モツ鍋の後は屋台ラーメン「さつまや」。勿論、ここも友人のお薦めである。我々はラーメンだけを注文。量は少なめのようだが、他にいろいろ食べた後に食べることが多いようなので、ちょうど良い。食べてみると。!た、大変おいしい!ワタシはどちらかというと、太目の麺が好きであるが、この細麺がとてもおいしい。スープも今までに食べたことのない味だ。ちょっと目から鱗のおいしさと言っても良いくらいだ。もし、屋台だけであったら、確実に二杯は食べていたと思う。うどんの時も、モツ鍋の時もそうであったが、優しい、素直な、心にしみ入る味だ。あぁ、恋しいな「さつまや」のラーメン。

友人は我々のモツ鍋(チャンポン麺入れ)、屋台ラーメンにも付き合って下さり、中洲も歩いて下さった。その中洲では橋の上で二組の歌い手が歌を披露していた。その中のお一人。男性。年の頃は分からない。その選曲は味があり、歌も上手だ。が、特に何をアピールしているとも見えない。その控えめなところに何故だか妙に引きつけられてしまった。中洲に行ったらまた聞きたい。今度はもう少しじっくり聞いてみたい。

夜の櫛田神社を通り抜けて旅館へ。その後、友人のKネコとも合流。お二人ともわざわざ時間をさいて下さって、ありがとうとよ(?)。

by kasuke : 2009年06月27日 01:31
This Trackback No.
comment











  




▲PAGETOP