2011年01月04日 (火)

2010・2月 フランス旅行・別行動の日(9日目)〜その2

地下鉄の駅で先にワタシが電車に乗って別れた。ワタシの目的地はノートルダム寺院である。先日行ったのだが、上に行っていなかったので、一人行こうとしたのだ。し、しかし、行ってみると、悲しい張り紙「strike」。今回、フランスに来る前にあったルーヴル美術館などのストライキにも、良くあると聞く公共交通のストライキにも遭わなかったのは好運であったが、ここで遭ってしまった。寺院の上にいるガーゴイル君達に近づくことができなかった。ノートルダムでなくてもガーゴイルはあるし、下から見上げることはできるのだけれども、ノートルダムの上で頬杖をついたりしてパリを見下ろしているガーゴイル君達は何とも可愛らしいではないか。それが、今回行くことができなかった。次回のお楽しみに取っておくしかない。
大変なお楽しみが叶わなかったので、意気消沈してその辺をうろうろ。パリお土産物屋さんが何軒か出てきたので、そこで絵はがきやメモ帳、無念のガーゴイルのマグネットを購入。それからどうしようかと思いつつ、何となくルーブルに向かう。そう言えば、ポンヌフの橋を渡っていなかったなとポンヌフを一人渡る。今までは遠くから見ただけだったので、これは家人に自慢できると写真を数枚撮る。「ポンヌフの恋人」の橋はセットだったそうだけれど、良くできたセットですな。でも、実際はあんな風に人は滞在できそうにもない。それとも、時代が変わっただけで、以前はあんな風に橋に滞在する人もいたのだろうか。
ルーヴルの地下にはショッピングモールのようなものがある。そこで少しだけ両替した。今思うと、結局使わなかったお金で、レートも良くなかったので、無意味であった。それなら、ノートルダム近くにあった両替商でやっておけば良かった。もう一度ルーヴルに入ろうかとも思ったが、時間がないので、家人との待ち合わせ場所に向かった。うむ、別行動時間はあっと言う間であった。
家人との待ち合わせは、オルセー美術館のマティスの絵の前であった。こちらもミュージアムパスで入館。待ち合わせの時間まで絵を観る。お目当てのドガの絵が見あたらない。他の絵はあるのだが。見たい絵は世界のどこかに出張中かもしれない。そうしていると、待ち合わせの時間前に、何の絵の前だったか、マネの絵だったか、家人がワタシの肩をトントンした。こんな人混みの中で良く見つけたものである。家人曰く、待ち合わせ場所であるマティスの絵がないそうだ。あぁ、家人が見つけてくれて良かった。絵はルーヴルよりもこちらの方が良いように思った。多くの絵がすぐ近くで、ゆったりと見ることが出来るという贅沢さ。日本の展覧会ではあり得ないこと。美術館を出ると、ムッシューが焼栗を日本語を含む各国語で売っていた。喉が渇きそうなので素通りしてしまったが、今思うと食べてみれば良かったかな。
お次は地下鉄で、家人が本で見つけたアイスクリーム屋さん。こんなところにも電車移動するのも一日券のお陰。メニューはフランス語も、単語は英語と同じものがあったり、最近は英語よりもフランス語の方が洋菓子やパンなどで使われていることが多いので、知っているような気がする単語が多い。ワタシは早くに決めたものの、家人は決めかねて、お店のお姉さんにアイスクリームがある店頭のフリーザーを見せに連れて行って貰っている。家人も決まったが、結果的には本に出ていた写真と同じものが良かった様子(^^;)。コーヒーも頂いてお店を出る。美味しくて、可愛らしいお店であったな。
最後にポンピドゥーへ。ここの駅は複雑で表示に沿って歩いていたつもりだったが、一向にそれらしくならないので、確かめてみるとやはり違う。あの表示が違ったのかな。ポンピドゥーは街の中にいきなり出てきた。思っていたよりも雑多な感じ。こちらもパスで入場。中も雑多な感あり。家人がフランス見たがっていたブラックなどもやっと見ることができた。
ポンピドゥーを後にして向かったのはオペラ座近くのモノプリ。お土産や夕食など購入。フランスのスーパーにある野菜は鮮度が悪いな。日本の野菜が鮮度が高すぎるのかもしれない。
ホテルに帰る前に近くのケバブ屋さんでポテトフライも購入。フランスは食べ物の量が多いな。ホテルにて夕食。今日もいろいろ行って、たくさん見たな。おやすみなさい。

by kasuke : 2011年01月04日 16:21
This Trackback No.
comment











  




▲PAGETOP