2012年01月09日 (月)

2011・12月 台湾旅行(一日目)

111202_1455_kix.jpg

飛行機が出るのは17時過ぎ。午前中はしっかり仕事をして、午後から出発。お昼は家人がおいしいパン屋でパンを購入したということで、空港でチェックインしてから取ることにした。

111202_1505_pan.jpgチェックイン時には一応機内持ち込みのリュックの重さを量られた。1.5キロ。軽い。いつも以上に身軽。タイや韓国、フランスに行くと、お友達へのお土産が結構場所を取る。今回の台湾は台中市に住む友人には会えそうにないので、こんなに身軽になった。チェックインを済ませて、昼食。おいしいフランスパンだ。フランスでパンのおいしさを教えて貰って以来、フランスのパンらしい味を求めてみるが、なかなかに少ない。気候や、粉、水等、どうしても違うのだろうか。それでも最近はパンやケーキなど日本に合わせず、フランスそのものの味で売るお店が増えてきた。そんなお店はどこもお客さんが多い。みんな、フランスの味を望んでいるのだな。

出国審査ではブザーが鳴ると思い、主治医に書いてもらった書類がすぐ出せるようにしておいたのだが、これが鳴らない。若干がっかりしながら審査を済ませて、機内で飲むお茶も購入。搭乗すると思ったほど席も狭くない。大手の航空会社でも悲しいほど狭い座席があるので、十分な広さだ。スタッフにも親近感があり、全体的に好感が持てる。

111202_2210_station.jpg予定時間を過ぎて桃園国際空港に到着。まずは両替。家人と別々に両替しようとすると、銀行員さんが手数料が掛かるから一緒にした方が良いと教えて下さる。うむ、商売気がない。親切だなぁ。バスで市内に出る。バスの切符を買う時に、全ての人がきれいに列を作って買うのを待っている。我々の番になって前の人を先に通してあげたらお辞儀をしながら「謝謝」。111202_2115_metro.jpgとても礼儀正しいな。バスに乗るにも順番で整然と乗っていく。我々は台北駅行きに乗り込んだ。降りるのはアンバサダーホテル前。が、各バス停前で停まるのかなと思いきや、どうやらブザーを押さなければならなかったようで、終点の台北駅まで行ってしまった。でも、ホテルは台北駅からも近いので地下鉄で向かった。地下鉄の切符の買い方も簡単。トークンを使う。トークンでの電車は初めてだったので、台湾の人々を観察して乗り込む。そういえば、まだタイの地下鉄に未だ乗ったことがなかったなぁ。タイの地下鉄もトークンでありましたな。地下鉄の駅も分かりやすく、整備され清掃も行き届いている。歩いて5分のホテルにチェックイン。荷物を置いて、すぐに外に夕食に出た。

111202_2206_jindin.jpg夜ももう遅かったので、ホテルから歩いて数分の「京鼎樓」に行ってみた。日本人が多いお店とはあったが、フロアーにはすべて日本人。凄いですな。この後に夜市も行ってみようとしていたので、ここでは小籠包とウーロン茶小籠包のみ頼む。コラーゲンがたっぷりというような肉汁を含んだ小籠包である。変わり種のウーロン茶小籠包よりも、普通の小籠包の方がおいしかった。夜遅くまでやっているので便利である。店員さんは夜遅くまでご苦労様です。

111202_2307_market.jpgその後、歩いて寧夏路夜市に。この夜市はこぢんまりしていて見やすい。まず、一通り見て歩き、心惹かれた物を食べることにする。ワタシは八角の香りに誘われてうろうろしてみたものの、それが何か分からず、もしかしてこれかもというお店で頼んだ。内臓スープのようなもの。しかし、八角の香りはなく、澄んだスープであった。味は普通に内臓スープであった。うむ、残念ながら先ほどの小籠包でお腹が一杯になってしまい、食べ物はこれでお終い。一方、家人は湯葉のようなものを見つけたりして、家人の食事にお付き合い。その後、家人が食べたいというお餅の屋台に行く。そこではマンゴーかき氷もあったので、ワタシがそれを注文するが、お店の人曰く「夏はおいしいけど、今はおいしくない」。今は食べない方が良いと教えて下さる。仕方なく、家人が所望するお餅、二つで40元のみをを注文。すると、またお店の人が一つで20元もできるけど、どうする?と聞いてくる。うーむ、ここでも商売気がないなぁ。一つで良いことにして注文。家人はこのお餅が大変気に入った様子。お腹も一杯になったので、釈迦頭(ノーイナー)を一つ買って歩いてホテルに帰った。

111202_2318_noinar.jpgさて、台湾の釈迦頭は大変大きい。タイのものと比べると、ふたまわり位大きい。おいしいことはおいしいが、果物はタイの方がおいしいですな。
ホテルは窓のない部屋であった。日本から持ってきた入浴剤を入れたお風呂に入って就寝。むむ、この時期の台湾、ちょっと寒い。けれど、何と台湾のホテルには暖房というものがなかった。冷房を切って少し厚着をして眠った。明日は一日中、台湾。お休みなさい。

by kasuke : 2012年01月09日 00:29
This Trackback No.
comment











  




▲PAGETOP