2016年11月19日 (土)

2016・4月 松山(2日目・その1)

松山城へは徒歩で。ロープウエイ・リフトもあるが、そんなに高いところにあるわけではないので、ここは出来るだけ歩いて行くのがオススメ。高いところにあるもの、遠いところにあるもの、理由がない場合は歩いて行った方がそこに行く実感を覚えられる。思えば、ロンシャンの礼拝堂に行った時も最寄駅から歩いて行ったので、巡礼にも似た気持ちが味わえたし。反対に会津の飯盛山で割引券があるからとエスカレーターに乗ったのは大失敗であった。歩かれる場合は歩いて行った方が絶対に良い。
松山城の歩いて登るコースに人は少ない。その分、道や景色がゆっくり楽しめる。一旦登ると、視界が開けて、美しい松山の風景を見ることができる。場内には多くの人が。みんなロープウェイで上がるんだな。四国にはそのまま残る天守が多く、松山城もその一つ。石垣が見事で連立式の城が美しい。
その後、売店でみかんソフトクリームを食べて、球場へ向かった。
松山市駅まで市電で行き、坊ちゃんスタジアム直行のバスに乗る。試合開始時間が迫っていたので急いで球場に向かう。入り口でプレゼントのスワローズユニフォームを受け取る。この日の席は1塁側ネット裏1列目! 1列目で観るのは初めてなので感激。対横浜DeNA戦。先発投手は石川投手。終盤は外国人投手リレーでスワローズの勝利。ヒロインも近い!天気も良く、スワローズも勝って気分良し。この日の昼食は球場の売店で購入した軽食。
試合後に選手をちょっぴりお見送りして、家人はJRで、ワタシはバスで松山市内に戻り市電で松山駅まで。この時、市電で偶然乗り合わせた女性と会話。その方の同僚さんも試合に行きたかったが都合がつかず行かれなかった。家族にユニフォームだけでも入手しに行って欲しいと懇願したが断られたとのこと。今思えば、この方に翌日も行くからユニフォームを譲ってあげられるかもと提案すれば良かったと後悔。ホテルにチェックイン。
この日のお風呂は道後温泉でと決めていたので、家人と道後温泉本館へ。商店街をぶらぶらしてから行ってみた。霊の湯三階個室にしようと思ったが、空いていなかったので、霊の湯二階席へ。貴重品とか脱いだものはどうするのかと思っていたが、スタッフの皆さんが常に気を配られているし、貴重品はお風呂のロッカーに入れられるようになっている。浴衣を持って霊の湯へ。ちょっと小さな湯船ではあるが、人も多くなく、お湯もきれいで大変気持ちが良い。道後に来たらやはり温泉には入らなければいけないなという気持ちになるようなお湯。湯船に入る前に体を洗うだけで、お肌がつるつるして気持ち良いのが分かる。
その後、神の湯にも入られるというので、スタッフの案内に従って、一階の神の湯へ。こちらは気軽に銭湯感覚で入られるので人も多い。中央に大きな湯船があり面白い造り。が…、先ほどの霊の湯で感じたお肌つるつるの気持ち良さがこのお湯に入ることで残念ながら失われてしまった。欲張らずに霊の湯だけにしておけば良かったと後悔。次回は霊の湯だけをゆっくり楽しむぞと即座に決意。
お風呂の後におせんべいとお茶で休憩。最後には又新殿や坊ちゃんの間を見学。その時に本日の試合で貰えるスワローズのユニフォームが上着の下にチラ見させている男性がいたので声を掛けてみると、大阪から来たとのこと。せっかくなのでその後の食事に誘った。本館でお土産にみかん石鹸を購入し、道後温泉の上にいるサギや手すりなどに刻まれた湯の玉を外から観察。本館に入る前には何故屋根に取りの飾りがあるのかと思っていたが、館内見学の際に道後温泉を見つけたのがサギだったと知り、大変勉強になった。
3人で市電に乗り、郷土料理お「五志喜」へ。媛会食を奮発。量が多いから食べられるかなと思いつつ、とてもおいしかったので結局みんな食べてしまった。次回もここに来てしまいそう。
食事を共にした男性H氏も松山駅近くのホテルということだったので一緒に帰ることに。気がつけば、もう市電がなくなっていたので、徒歩で帰ることにした。十分歩ける距離であるし、城内を通ることで、これまた松山の土地を堪能することができた。途中でデザートなども購入。H氏とも別れてそれぞれのお宿へ。
今日も楽しかったな。

by kasuke : 2016年11月19日 17:45
This Trackback No.
comment











  




▲PAGETOP