2009年07月12日 (日)

2008・秋・スリランカ展

東京国立博物館で開催されていた「スリランカ展」に行った。
スリランカにはタイにいた時、ビザを取得しに3度行った。当初はコロンボのタイ大使館でもダブルの観光ビザなど簡単に取る事が出来た。それが徐々に厳しくなり、3度目では大使との面接もあり、シングルしか取る事ができなかった。それが10年以上も前。今ではもっと厳しくなっているとか、いないとか。

スリランカは本当に美しい国である。素晴らしい歴史と素晴らしい自然。人も良い感じ。勿論、どの国においても嫌な部分があるのは普通のこと。旅行者を騙す輩もいるが、そんなにエグさがない。もう十数年も行っていないのだな。内戦も終わったようだが、武力で押さえたので、問題がすべてなくなった訳ではないと思っている。国内にある問題はまだまだある。

さて、スリランカ展。義母と二人で行ったわけだが、スリランカの博物館でも見た記憶のないものがあって、十分に堪能できた。まぁ、スリランカに行ったのが遥か昔なので、何を見たかしっかり覚えていないのだが。スリランカの仏像も独特な形である。昔、スリランカ人に仏像はその国の人の顔に似ると言われたが、スリランカ人の顔にはそんなに似ていないと思う。本当は残念なことなのだが、人が少なかった。お陰でゆっくり観ることができた。入り口にはムーンストーンが置いてあった。ガラスの下にあり、直接踏むようにはなっていないが、靴のままでムーンストーンを踏む形になっているのは、やはり憚られる。

ミュージアムショップでは購買意欲をそそられる物が多くあり、一人興奮してしまった。
東京ではスリランカ・フェスティバルなるものもあるそうで、大変羨ましい。おいしい物は特に思い出せないけれど、スリランカのお米の味が忘れられないな。そして、今まで食べた物のなかで最も辛いものが、コロンボで食べたカレーであった。涙が出て来る程の辛さで、知り合いのスリランカ人は平気な顔で食べていたな。。

スリランカ展に行って、少しだけスリランカに行った気になったのであった。

by kasuke : 10:31 | comment (0) | trackback (0)

2009年05月07日 (木)

再開!

さて、前回が11月の更新だったので、約半年ぶりとなる。最終更新した後、とある事情からやめようとしていたのだが、旅行などいつ、どこに行ったかという目安になるので再開することに。
その間もちょっとしたお出掛けしていたので、覚え書きのために去年に戻ろうと思う。詳しい日付などは覚えていないので、適当に、適当に。

by kasuke : 19:17 | comment (0) | trackback (0)

2007年05月19日 (土)

いいなぁ。

ここ何年かは「タイ・フェスティバル」は多くの県で開催されていて、どうやら結構な人気らしい。関西では各地で計5回くらい開催されるのではないだろうか。
で、どうやら、東京では「スリランカ・フェスティバル」などどいうものもあるらしい。いいなぁ。久しくスリランカにも行っていないし、せめてこういうものが近所で開催されればいいなぁ。ストリングホッパーやスリランカのお米が食べたいなぁ。が、スリランカの美しさ、良さはやはり現地に行かなければ分かりませんな。あぁ、シンハラ語にはいつ挑戦することやら。。。

by kasuke : 16:18 | comment (0) | trackback (0)

2006年06月20日 (火)

大阪歴史博物館

最近、どこかに行きたいー!気持ちが高まっている。
海外は今はちょっと諸事情で行けないし、国内は18切符の時にとつい思ってしまう。交野市の磐船神社にも行ってみたいが、雨の翌日では修行コースは入られない。そこで、大阪歴史博物館へ。本当はその横にある某売店で「大長今」グッズを買ってみたかったのだが、そこにはストラップしかなく、早々に出た。そこは、そもそも売店も小さいし、品揃えも驚くほどに少ない。

歴史博物館は難波宮に興味が出てから行ってみたかったところである。7〜10階が博物館で10階から見て降りるようになっている。10階が難波宮の時代展示で、窓からは下の難波宮跡が見下ろせる。上から見るとゆった〜りしていて、大阪にも良いところがありますねぇ〜と雅な気分になってしまう。ぼわ〜っとするには隣の大阪城よりずっと良さげだ。宮跡でダンス練習をする若者もいて、それも趣があるように見える。博物館はなかなかの見応えがあり、まじめに見たら半日は必要かもしれない。
本当は地下の難波宮遺跡を見たかったのだが、これは無料ツアーに参加しなければならないそうで、今回は遅かったので参加できなかった。また今度の機会に。

by kasuke : 19:15 | comment (0) | trackback (1)

2005年11月20日 (日)

T・ジャー

最近、やっと「マッハ!」と観た。タイのアクション映画なのだが、素晴らしいトニー・ジャー。タイ・アクション俳優にもスゴイ人がいるではありませんか。米映画などでスタントなどもしていた経歴があるそうだが、タイだけで活躍するのは勿体ないですぞ。久々、ちょっとした感動でありましたトニー・ジャー。カオクライ選手を観たときの感動にも似て。。
ムエタイ(ムアイ・タイ)もWBCでタイ式キックボクシング部門と世界戦の設定がされたそうで、タイの格闘技も世界的に競技人口が多くなるであろう。

by kasuke : 16:56 | comment (0) | trackback (0)
 1 |  2 |  3 |  4 | ALL
HOME
▲PAGETOP