2008年08月31日 (日)

韓国旅行2008・二日目(その2)

04:27 PM

제부도

島からの帰りは徒歩。ここには通行料があるはずなので、島を出る前に歩いて行っても良いかどうか事務所に尋ねてみると、「歩いていってくださ〜い」。島を出るときには料金は要らないのかもしれない。行きはバスであったため、通行料はバス運賃に含まれていたのかもしれない。

済扶島入り口のバス停に戻り、すぐ近くのファミリーマートで飲み物とアイスクリームを購入して休憩。ここのご主人が物腰の柔らかい人で微笑ましい。水原行きの座席バスはすぐにやって来た。同じ道を戻る。

水原駅も初めてであるので、暫し探索。大きく立派な駅であるが、ターミナル駅ではないので、思ったほど大きくはない。隣接しているショッピングビルから眺めると、水原市もずっと遠くまで広がっている。ソウルまで近いので、まだまだ広がっていくのであろう。駅で売っていたチョコレートケーキを友達への手土産に買って帰った。韓国はお買い物をしても、袋に入れないのが基本で、袋が欲しければお金を払う。これは大変良いシステムだと思う。日本もそうすれば良いのにといつも思う。

竜仁市行きのバスに乗り込み家路へ。友達の家に夕方には帰り、一緒に娘の保育所に迎えに行くことにしていたのだ。
保育所に友達、家人、ワタシの3人で迎えに行く。娘を見つけるやいなや、我々は手を振った。娘は我々が来るとは思わなかったのであろう、きょとんとしている。他の子供がやって来て「この人誰?」。知りたいと思うことは素直に尋ねる。良いですな。

その後、ちょっと早い夕食に。テジコギを4人で食べに行く。一人分が多くて、日本の一人分とは違うなと感心。味はおいしい。しかし、我が家の近所に大変おいしい焼き肉屋があり、残念ながら、そちらの方がおいしいのだ(年に1〜2回しか行けないが(涙)。一昨年、カルビで有名な水原で食べた時も同様のことを思った。焼き肉は日本の方がおいしいと感じてしまうのだ。

その後、韓国の代表的な巨大マート、Eマートへ。我々はチャメを買って家路に。家に帰ってから、みんなでチャメと水原で買ったケーキを食べた。友達の家はお菓子類を余り食べないので、我々が買ったケーキに娘はとろけてしまったようだ。それまでおすまししていた彼女がとろとろになってしまった。あんなに喜んでもらえて、我々も嬉しい。明日はソウル。

2008年08月24日 (日)

韓国旅行2008・二日目(その1)

11:27 PM

二日目は水原の先、済扶島(jebudo)に行くことにした。本当は家人希望の「ひなびた海辺」に行きたいが、なかなかどこか思いつかない。済扶島は珍島のように海が割れて道ができるところなのだが、こちらはほぼ毎日海が割れる。

まず、友達の家、竜仁市からバスで水原駅まで。水原からどのバスに乗るかはネットで情報を得ていたものの、一応確認しておきたかったので、水原駅横の観光局に立ち寄る。何とも無愛想なお姉さんに済扶島に行くバスについて尋ねてみると、1004番のバスというお答え。?ネットには1004番バスの情報など何一つのっていなかった。もう一度お姉さんに確認してみるが、間違いない。観光局を出て、お姉さんの指示通りにバス停に行ってみると「済扶島入り口」という行き先が書いてある1004番の座席バスが停車していた。おぉ、ありがとう、お姉さん。

ネットには済扶島入り口行きのバス情報も出ているが、水原駅からであれば、この1004番が最も便利で早いのではないかと思われる。水原駅を出て左手にある観光局の向かって右側にあるバス停から1004番の座席バス。1600w。

バスは水原の郊外を走る。大きな都市がすぐそこにある、ちょっと長閑なところ。葡萄を栽培している農家が多く見られた(上の写真はその葡萄を販売する農家)。済扶島近くの小さな町はなかなか微笑ましい佇まいである。

済扶島入り口という終点で降りたものの(上の写真)、そこからどちらに行けば良いのか分からない。数人の韓国人観光客の行動を見てみると、終点のすぐそばに停まっているマウルバスにみんな乗り込んでいる。我々もそれに倣ってバスに向かう。行き先も書いてあるが、一応運転手さんに確認。料金を尋ねると、一瞬間が空いて答えが返ってきた。「二千ウォン」。日本語だった。韓国語で答えが返ってくると思っていたワタシは驚いて韓国語で確認してしまった「イーチョノォンヨ?」。運転手さんはうなずいた。そのやりとりの後でやっと運転手さんは日本語で答えてくれたのだとはっきり理解できた。それで一瞬の間があったのだ。あぁ、運転手さん申し訳ない。せっかく日本語で答えてくださったのに、韓国語で確認してしまいました。。。

緑のマウルバスは割れた海の中にある道路を通って島へ。道路はコンクリートでできている。毎日引き潮になるとはいえ、一体いつコンクリートを乾かす時間があったのだろう。バスがある地点まで来るとみんな降りだした。降りずにバスに残っている観光客らしき韓国人に運転手さんが「どこにいくのですか?」と話しかける。「分かりません」。運転手さんは観光の大まかな手順を教えていた。無愛想だったけれど、親切なんですな。バスは恐らく、島を一周するのであろう。島を分け入って行った。

제부도

我々は他の韓国人同様、赤い灯台を目指した。閑散とした、寂れた灯台。客が入らない食堂が数軒。ある意味、かなりひなびている...。家人はいつも通り、何でもない風景をカメラに納めていた。すると、それを見たアジュンマが家人に向かってなにやら話しかけながら追いかけてくる。が、暫くするとどこかに消えたので、そのまま灯台に向かった。曇り空に赤い灯台。それだけ。写真など撮っていると、先ほどのアジュンマがなんと灯台まで追いかけてきた。「何で何にもないのに撮っていたの」と家人に聞いてくる。ワタシは「この人は普通の何でもないものを撮るのが好きなんですよ〜」と言うと、あっさり納得して帰っていった(呆れたことに家人はそのアジュンマの写真もしっかり納めていた:それが下の写真のバイク背後の洗濯物を干す女性)。

제부도

あぁ、ただの好奇心で家人に聞いていただけだったのだな。それにしても、このアジュンマといい、一日目の空港での電話を貸してくださったアジョッシといい、こうしたとっさの時には随分韓国語がすらすらと出てくることに我ながら驚いた。こんなに韓国語できたっけ、という感じだ。火事場の馬鹿力というのはこのことですな。

その後食事をすることに。海鮮カルククスで簡単な昼食。食堂でまたアジュンマが聞いてきた。「写真家ですか。ここには良く写真家さんが来るから...」。知りたいと思うことは素直に尋ねる。良いですな。

2008年08月13日 (水)

韓国旅行2008・一日目

06:05 PM

関西国際空港というのは出国審査後がつまらない。スワンナプームやドーンムアン、仁川空港などは出国審査後も免税店や様々なお店で一杯だ。我々は買い物をするわけではなく、ただ見るだけだが、関空にはそうしたものが少ないのでつまらない。大きな国際空港の割には少ない。出国前なら色々な店があるのだが、出国に時間が掛かるといけないので、余裕を持って出国手続きをする。出国後の方が時間があるのにだ。まぁ、店舗が多数あっても売り上げが望めないからかもしれないが。

20時仁川着。正味4日間という短期間であり、土日を挟むので必要なお金をすべて空港で両替。ソウルにずっといるなら両替商などで両替するのも率が良いだろうが、ソウルには後半いるだけだ。竜仁市行きのバスチケットを購入し、友達に電話。友達は用事なのか、なかなか捕まらない。何回か電話してやっと友達が捕まったが、乗ろうと思っていたバスに乗れないかもしれないので、その次のバス時間を伝えておいた。友達の家に近いバス停まで旦那さんが迎えに来てくださるのだ。電話を終えて、空港のバス停に行ってみると、初めに乗ろうとしたバスがまだ停車している。が、友達には次のバスの時間を言ってしまった。バス乗り場係のアジョッシに「電話する時間はもうないですよね...」と言うと首を振られた。すると、家人にどうしようと言っているワタシを見かねて、自分の携帯電話を差し出された。ワタシは携帯電話を持っていないので、掛け方が分からない。そう言うと、アジョッシは掛け方も教えてくださった。結局友達は電話に出なかったのだが、アジョッシに丁寧にお礼を言って、ひとまずバスに乗り込んだ。韓国ではこうした親切に出会うことが多々ある。アジョッシ、感謝ハムニダ〜。感動ヘッソヨ〜。

竜仁市のバス停も二度目であるし、アナウンスを聞いていれば分かるので安心していたが、運転手さんは停留所の名前を地元の呼び方でアナウンスされていた。空港バス路線に書いてある名前ではないのだ。それでお隣の韓国人男性に尋ねてみたが、この方もそんなに詳しくない様子。すると、一つ後ろに座られていた若い韓国人男性が「こちらです」と日本語で教えてくださった。実にスマートに教えてくださり、これまた感動。彼は家路に着かれ歩道を歩いて降りられた。我々はそのまま車道で友達の旦那さんの車を待つ。それを見た先ほどの彼は大きな動作で遠くから、「それは歩けない」と教えて下さる。ワタシは大きな声で「友達が来ます」と答えると、納得されて帰られた。本当にこうした親切に韓国では良く出会う。それが初日の短時間の間に2回もあり、深く深く感謝した(下の写真右端の歩道を白いTシャツ着て歩いてるのがその男性)。

暫くすると、友達の旦那さんが迎えに来てくださり、約一年半ぶりの再会。家に着くと、友達と娘が迎えてくれた。友達が作ってくれた夕飯をご馳走になり、コンサートチケット代金も払い、お土産を渡したりして暫し談笑。翌日の予定を伝えると、旦那さんは「遠いのに...」と。明日が良い天気であることを祈って就寝。

2008年08月03日 (日)

韓国旅行2008・出発前

04:51 PM

7月初め韓国に行ってきた。5日間ではあるが、初日に韓国に到着するのが20時で、5日目19時に韓国を出るため、正味4日弱である。我が家は多くて年に一度海外旅行に出かける。昨年12月にタイに行ったばかりだというのに、早々と韓国に行ったのには、その最大目的がコンサートであったためだ。6月に紫雨林の第7集が発表され、そのコンサートである。
その情報を知った家人とワタシは韓国行きを検討し始める。それにしても、世界中のそうした情報を瞬時に得られるとは便利になったものだ。数年前では考えられず、外国にコンサートの為に行こうかと検討するとは。まぁ、それが韓国という近い国でのことであるから我々もその気になったわけだが。しかし、インターネットで見てみると、発券はチケットを取り扱うあるサイトの単独発売となっており、それにはそのサイトの会員になることが必要である。が、会員になったところで、チケットの送り先を日本にするわけにもいかない。また、様々な情報を見ると第一弾チケット発売は9分で売り切れたという。第二弾発売に向けて早い決断が必要ということで、我々は韓国在住の韓国人の友達にチケット確保をお願いすることにした。そして、チケットが取れたら韓国に行くと決めた。
友達に頼むと快く引き受けてくれた。彼女がインターネットでチケットを確保し、購入手続きをしている間にチケットは売り切れたという。彼女のおかげで我々はコンサートに、韓国に行けることになった。本当にコマウォ〜。
チケットが確保できた翌日は航空券の確保だ。今回は便、航空会社を指定したかったので、ちょっぴり航空券はお高い(3万円)。最近は航空会社未定で格安のものがあるが、便指定もできないし、会社によってサーチャージ代に大きな開きがあるので、結局割高で損をした気分になることもある。韓国ー日本間はどの会社もサーチャージ代は同額なのでその心配はないのだが、アシアナ航空で行くことにした。
チケット、航空券も整い、後は友達へのお土産準備などするだけ。出発まで1ヶ月弱余裕はあったが、それはあっと言う間に過ぎた。

2008年07月13日 (日)

そう言えばタイ

06:58 PM

先日、韓国に行って来た。が、その前によーく考えると、昨年11月末から12月にかけてタイに行っていたのを思いだした(忘れていたのか?)。順番に合わせて、その訪タイを思い出してみよう。

しかし、実際の所、そんなに良くは覚えていないのだ。バンコクだけに行ったわけだが、バンコクは丁度実家に帰ったような感じなのだ。タイのお母さんの家で家族と過ごす日々。お母さん達の顔を見にも行きたい。末っ子に双子もできたので、ワタシはちょうどおばさんになった感じだ。また、仕事の為に何年かに一度はタイに行って最新のタイも把握しておく必要もある。
今回は念願のタイ語国語大辞典も買うことができた。帰りのカバンが非常に重かったが。。
チュラーのアートセンターに行ったり、マッサージしたり、おいしいご飯を食べたり。

Phra Khanong Canal

プラカノンの運河タクシーが今回最大の観光だった。昔ながらの風景にも出会えた。かねてから、タイムマシーンがあれが、バンコクの500年くらい前に戻ってみたいと思っているが、その風景を少しだけ見られたような。


旅とするなら、やはりラオスくらいまで行きたいものだ。鉄道もラオスまでついに通じた様子だし、鉄道で国境越えも楽しいかもしれない。
あ、しかし、空港がドーンムアンでなくなったので便利が悪いですな。ドーンムアンからすぐに鉄道予約という技ができなくなりました。そして、スアンナプームは仁川空港にも少し似ている。。。

国際グランプリ陸上!

IAAF 110mH

スポーツを見るのが好きだ。中にはそんなに好きではないスポーツもあるが、概ね好きだ。
今は昔、5月のことではあるけれど、招待券が当たり(ビバ!懸賞生活でもあるけれど)、初めて陸上競技を生で見る機会に恵まれた。例えば、五輪でも最も楽しみなのは陸上競技なのに競技場で見たことがなかったのだ。
当日はあいにくの雨。カッパ持参で行く。屋根のある座席もあったので助かった。行く前までは、陸上競技など淡々と行われるので、競技場で見るのは退屈かもしれぬと思っていたのだが、全くそんなことはなかった。次の競技準備は美しいほどに準備が行われるし、競技者の動きも美しい。生で見るのは迫力もあるし、息づかいも感じられる。
この日、最も目を引いたのは劉翔選手。美しい。アジア人なのに凄いな。バルセロナ五輪、400mの決勝での高野進選手。震えた。今回の五輪は何かと問題ありだが。。。
また機会があれば陸上競技を競技場で見たいですな。

2008年03月23日 (日)

ソムタム・大根の皮

普段は大根の皮をきんぴら風に煮るという事しかしないのだが、先日、その大根の皮でソムタムを作ってみた。大根の皮だけでは量が少ないので、人参も小さいもの1本も入れた。うむ、これがなかなかおいしい。パパイヤよりおいしいかもとまで思ってしまう。我が家では大根1本購入しても、すべてを使い切るまで何日か要す。その間、剥いた皮はタッパにその都度貯めて行く。1本分の皮が貯まった時、皮を調理をするのだ。今度からは何よりもソムタムで決まりですな(勿論、1本使い切るのに時間が掛かり過ぎて、皮を捨てざるを得ないときもある)。生ゴミもできるだけ少なくしたいし、皮には栄養もある。皮には皮にしかない食感もある。ソムタム・大根の皮、おいしいな。

2008年03月22日 (土)

最近のヒット

ところで、実は昨年の11月末から12月にかけて、5日間タイに行っていた。何年振りかな。行き先はバンコク。タイのお母さん家にずっと泊まる。タイに行く前はアユタヤにも行こうかと家人と話していたのだが、バンコクにいると5日という短期間に動くのがだるくなってきてしまい、結局ずっとバンコクにいた。
ずっとバンコクということで、それはまるで実家への帰省であるかのようであり、バンコク滞在での様子はまた気が向いた時にして。。。
最近はタイでもCDを買う事は少ない。今回も自分が購入したのは2枚。VCDが一枚。
CDの内、一枚は BEAU の「Music」である。BEAU は自分でグラミーにデモテープを送り、それが認められデビューしたと聞いている。デビューしたときはタイでもパワフルな声の持ち主のようなキャッチフレーズで売られていたようだ。デビュー作はどの曲もどこかで聞いたことがるというほど、町のどこかでいつもかかっていた。明るいpops、rockといった感じである。ルンピニー公園で行われた無料コンサートで観た時は期待した程は上手くないかなと思ったのだが。。。
それが、ここ数年、中堅の域に入り、味が出て来た。彼女でなければ合わない骨太い歌も歌っている。今回の新譜もなかなか唸らせてくれる。最近はCDそのものを余り買わなくなっている現実があるのだが、この作品はそんな中での結構なヒットである。久々に歌詞カードとしっかり合わせて聞きたい一枚である。

2008年02月02日 (土)

2007年のビバ!

最近は不景気のためか、懸賞も当選数が少なく設定されている。また、ワタシも忙しく、こまめに応募する時間もない。更には、応募した事により様々なメールが届けられるのが煩わしくもある。そんなことで、2007年のビバ!懸賞生活はまったくもって芳しくなかった。(サンプルは除外)
が、最後に来ました。旅行券。応募する人もいなさそうな懸賞だったので、当るかもしれないとは思っていたが、忘れた頃に送られて来ました。初めて当るモノであるので、どう使うかが問題だ。それで、旅行に行かれる程の額ではない。足しに出来るというもの。
うむ。。それでちょっとした宿にでも泊まるかな。または交通費の足しにするかな。

2007年10月27日 (土)

優れもの

たまにインターネットで買い物をすることがある。
先日は衣類を購入。結構気に入っている。その時にその衣類だけでは送料が無料になる料金に達しなかったので、送料を無料にしたいのと、便利そうに思えて同時に購入した物が大いにヒットしている。

網焼きそれはフライパンで魚を網焼きできるというもの。この網はファインセラミックで遠赤外線効果があるという。フライパンで魚などの油を落としながら焼けるのなら良いかと購入したのだが。。。
それが、これで焼くと大変おいしくなるのだ。今まで普通に食べていた鮭もこれで焼くとふっくらとして、おいしさアップの感あり。我が家のコンロには魚焼きロースターが付いているのだが、実は一度も使った事がない。実家ではそれを使って魚を焼いていた。が、それよりこの網で焼いた方がおいしい気がする。
良い買い物だったかな。こうして実感すると、魚焼きロースターとして販売されているののは、さらにおいしく焼けるのだろうかなと思ったりする。

▲PAGETOP