2007年09月17日 (月)

あけび!

今年はまだまだ暑いですな。雲は少し秋らしくなったが、寝苦しい夜は続く。
地球温暖化も本当に心配。取り組みが大事ですな。
とはいえ、市場には秋らしいものが出始めた。先日、念願のものを購入!
何年振りだろう。30年以上振りに食べたのだろうか。

それは、あけび。
市場で売っていた、一個200円。どうやら、山菜のノリでその皮を食べると紹介されていた。ワタシには秋の果物の認識しかなかったので驚きである。といっても、子供の頃、あけびを喜んで食べていた訳ではない。子供にとっては種が多いので食べるのが面倒だし、あのほのかな甘みはそんなに魅力的ではなかった。だから、そんなには食べた記憶はない。我が家の山にもあけびの木はなく、貰ったりしていたと思う。
それが、年月を経ると、あのほのかな甘みが思い出され、大変おいしいものの様に思われ、遂に購入したのであった。

まずは果肉を食べる。果肉は量が少ない。ほのかな甘みを思い出す。そして、検索し、その厚い皮を砂糖、みりん、醤油、味噌で炒め煮してみた。ふむ、その苦みと渋みがおいしいな。こんな利用法もあったなんて。
あと、秋といえば、ポーポー(ポポーとも言うらしい)。これにはワタシはかぶれてしまうのだが、あの味がこれまた思い出されるなぁ。

2007年09月16日 (日)

×かちなつうら ○なちかつうら  二日目(その3)

01:02 AM

ホテル中の島勝浦桟橋に戻って、すぐにホテル「中の島」行きの船に乗り換える。同じ桟橋なので便利だ。
船の便はホテル「浦島」より便が少ないので時間のチェックはちゃんとしておいた方が良い。

ホテル「中の島」は勝浦の湾内、入り江にある小さな島にある。穏やかな波に囲まれた気持ちがよいところだ。

早速、温泉手形で入浴。ここではタオルは貰えなかったな。ここの露天風呂も素晴らしい景色で有名だ。よくパンフレットに出ているのは男湯である。その上に女湯が作られている。女湯からも海、魚釣り場、下の男湯などがすぐに見渡せるので、うっかりしていると全身お披露目になってしまうかもしれない。下の男湯とは上下で話も出来るので、人のいない時にカップルで行くと面白いかもしれない。が、男湯の方が洞窟もあったり、海もより近く、男女で分けるよりも、水着で混浴か、男女入れ替えをした方が良いと思われる。が、穏やかな海を見ながらの入浴は大変気持ち良かった。

帰りの時間も迫っており、早々に桟橋に戻る。この日はまだお昼ご飯を食べていなかったので、まずは荷物を取りに行き、駅近くで二度目のマグロ丼を食べた。マグロはどこで食べてもおいしいのかな。

電車の時間になった。これからまた6時間かけてお家に帰ろう。

ところで、
×かちなつうら  ○なちかつうら。
家人がうっかり「かちなつうら」と言ったのがきっかけで、家で「かちなつうら」とばかり言っていたら、それが癖になってしまい、電車で乗り合わせた人にも「かちなつうら」と言いかけてしまったり。旅行のことを話すときも「かちなつうら」と言ってしまったり。どうも、抜け出せなくなってしまった。唱えてみよう。かちなつうら、かちなつうら......。
また、行きたいな。

2007年09月12日 (水)

×かちなつうら ○なちかつうら  二日目(その2)

01:10 AM

那智勝浦荷物を置いてから、桟橋へ。今日は「紀の松島・島巡り」から。一人1500円。途中で太地のクジラ博物館に立ち寄るコース。電車からでも和歌山の海岸線には奇岩が見ることができる。そのためか、奇岩見物には正直そんなに新鮮なものは感じなかった。が、太平洋を船で渡るのはとても爽快。そのまま太平洋の遠くまで行きたくなる気分。岩のトンネルをくぐり抜けたり、ホテル浦島の忘帰洞を外側から見たり、ほかにラクダ岩、獅子岩などある。ラクダ岩の向こうには「ラクダの湯」という水着着用の露天風呂がある。ラクダ岩の前に来たら誰もが写真を撮る。ラクダの湯につかっている人はさぞかし困っているだろうな。今回はこのお湯には入れなかったけれど、いつか入ってみたい温泉だ。入浴客も少ないのでとても気分良く、太平洋を眺めながら入れるだろう。

船は太地のくじらの博物館に到着。多くの人がここで降りる。岩巡りを兼ねて船で行くのが恐らく一番便利なルートなのかもしれない。
さて、くじらの博物館。全般的に見応えがありますな。博物館では鯨や船の模型、鯨漁のやり方、捕鯨に使う道具、鯨の各部のホルマリン漬け、胎児のホルマリン漬け、鯨等を描いた昔の絵などもある。鯨の大きさも実感できる。胎児を見ると、当たり前だが、鯨の中には鯨がいるのだなと不思議な気分になる。妊娠していた鯨が捕らえられたのは大変いたたまれないが。。。ここ太地の捕鯨は昔々から行われており、その船は大変美しい模様が描かれている。その模様で船の組が分かるようだ。あの大きな鯨に素手で向かって行くのは、恐怖感も大きいだろう。

ワタシは小学校低学年の頃は普通に鯨は食卓、給食にあるものであったし、年に何頭という制限付きなら捕鯨しても良いと思っている。現在の近代的捕鯨船を一切止め、昔ながらの木製の飾られた船で、各船で狼煙や旗で位置を確認しながら、もりを手に鯨に向かって飛んで行くという方法に戻ればどうか。採算と危険を考えれば、実現しそうにもないが。。。

鯨を描いた昔の絵巻が妙に記憶に残っている。太地に残る絵巻はまだ鯨らしく描かれているのだが、大阪の商人が描いた(持っていた?)鯨の絵というのは、全く鯨とは似ても似つかぬ、妖怪の様で、色も白かったりする。恐らく、大阪の人達はその絵を見て、鯨とは何と恐ろしい魚かと思ったに違いない。そういうことを想像して見ると楽しくてたまらない。

博物館以外にも水族館やショーがある。今回、水族館は修理のため見る事ができず、大変残念であった。が、シャチやイルカ、鯨のショーは感慨深く見る事ができた。賢いな。先にシャチのショーを見たのだが、大きなシャチのジャンプは迫力がある。白と黒の体が美しく光る。

その後にイルカと子供の鯨のショーがあり、みんなきれいなジャンプをしたり、泳いだりで感心、感心。

そして、それ以上に我々の目を引いたのが、隣の囲いにいたシャチである。イルカと鯨のショーの間、シャチが網越しにずっとイルカと鯨達を遠い目で見ているのだ。他のみんなが人気者になっているのが羨ましいのか、寂しいのか。それとも自分の飼育員さんが余所の生き物といるのが哀しいのか。そのひとりぼっちの姿はたまらなく愛くるしい。

太地町くじら博物館我々の目はイルカと鯨より、そのシャチに釘付けになってしまった。シャチは自分の囲いの中でイルカ達を見たり、一定の泳ぎで回ってみたり。このシャチ達は広い海に戻る事はあるのかな。

その後、捕鯨船も見学。なかなか楽しい博物館ですな。
帰りの船が来たので、乗り込み、勝浦桟橋に向かう。

2007年08月26日 (日)

×かちなつうら ○なちかつうら  二日目(その1)

11:34 PM

「7時半になりますよ」。昨日の夜、起こしてもらうように宿にモーニングコールを頼んでおいた。勝浦の港では早朝からマグロの競りが見学できるそうだ。我々も見たい気持ちはあったのだが、疲れに負けてしまった。

朝食は「岩波」さんで和食。朝から何だか食が進む。出されたご飯をみんな食べてしまった。女将さんと昨日行ったところの話や、女将さんの楽しい話で盛り上がる。
食堂を出ようとすると、あるものを発見してしまった。昨日は全く気がつかなかったもの。「湯めぐり手形」1300円也。これで6ヶ月の間に3箇所入浴できるとある。昨日入ったホテル浦島にも入られる。し、しまった。気がつかなかった+下調べ不足であった。今日はホテル中之島の温泉だけに行くつもりであったので、購入しなくても良かったのだが、もう一度ホテル浦島にも行こうと意地で購入してしまう。あぁ、何とした失敗か。

ホテルをチェックアウトすると、女将さんが荷物はどうするのかと聞かれた。前日に駅前に無料で預かってくれるところを発見したと言ったが、女将さんが経営するもう一箇所のホテルに荷物置き場があるからそこに置いておきなさい、そこには連絡しておくからと言ってくださる。他にも様々な情報を教えて下さり、本当に親切だ。部屋もサービスも良く、大変気に入った。もしも、また来ることがあれば、また「岩波」に泊まりたい。

2007年08月12日 (日)

×かちなつうら ○なちかつうら  一日目(その2)

10:54 PM

バスで駅まで戻り、桟橋から船でホテル浦島へ。勝浦は温泉でも有名なところなので、いくつか押さえておきたい。ホテル浦島の日帰り入浴は1000円也。これで6種類のお風呂に入る事ができる。また、時間もパンフレットなどには18:00までとあるが、受付で尋ねると、ホテルから桟橋への船が終わるまで入浴可能だそうだ。また、荷物も日帰り入浴客でもちゃんと預かって下さる。受付でタオルと温泉スタンプラリーの用紙を貰い、まずは忘帰洞へ。ここは旅行パンフレットや温泉ガイドなどでも有名なところだ。午前と午後で男女の入れ替えがあるらしい。また、ここでは環境のために体は洗っても良いが、洗髪はしてはいけないことになっている。

泊まり客も日帰り客も多いであろうから、お風呂もさぞかし混んでいるのではという予想に反して、そんなに混んではいなかった。海に一番近い湯船でも一人の時もあった。洞窟の先には太平洋が見える。海の手前の湯船に入るよりも、その一つ手前で、洞窟と海の様子を眺めているのが良いかもしれない。太平洋に隣接した温泉というのは他にもあるのだから。時間に余裕がないので適当に入り、次のお風呂へ。

次は山上館露天風呂。長い長いエスカレーターで辿り着くところ。東京やソウルの地下鉄のエスカレーターも長いなーと思う事が多いが、それどころではない。気が遠くなるほと続く。このお風呂からは那智の滝も見えるそうだ。

今日、最後のお風呂は玄武洞。こちらも洞窟温泉だ。忘帰洞より規模は小さいが、それだけに洞窟感が強く、忘帰洞より楽しめるかもしれない。見える太平洋は洞窟が小さい分、狭くはなるが。海に身を乗り出すと、隣のホテルの客室などがよく見えるので要注意だ。ここの脱衣所の前が海を望むお湯、そして、脱衣所の後にもお湯がある。気づく人がいないのか、誰も入っていない。薄暗く、足元も暗く、ちょっと怖い。入る勇気がなかったので、見るだけにとどめておいた。入る人はどれだけいるのだろうか。

ホテル浦島は大変広いのでお風呂からお風呂への移動に時間が掛かる。時間のない人はそれも考慮しておいた方が良いかもしれない。温泉スタンプラリーの用紙を持って受付へ。忘帰洞の湯の花を頂いた。良いサービスだな。受付で用紙を貰えない場合(従業員さんも忘れる事はありますからな)、受付の後に用紙が山のように用意されているので、心配ありません。

夕食の時間になったので、船で帰ろうとしたら、ホテル浦島からの船がちょうど出たところで、30分待ち。船の時間も考慮して、湯に入ったり、お土産物を見たり、お土産物試食しなければなりませぬ。

やっと船に乗り、民宿「岩波」さんに教えて頂いた「ひろ吉」さんに行ってみる。駅よりちょっと離れた、小さなお店だが、お客さんで一杯。評判の良いお店なのだな。我々はこういうところに全く行かないので、まず、注文に困ってしまう。二人で検討した結果、お刺身盛り合わせ、ジューシー卵焼き、たこの唐揚げ、マグロ丼、ご飯、ビールに決定。
おぉ、お刺身が大変おいしいですな。噛んだ時の肉が違いますな。卵焼きもこれまたおいしい、おいしい。ほかも大変おいしい。後で考えると、先にお刺身だけ注文し、他のお客さんが注文されたものなどを参考にしながら、少しずつ頼んでも良かった。が、いかんせん、馴れない我らである。これで5400円。我らには大金で、年に1〜2回の贅沢な夕飯のうちの一回になった。でも、大変おいしかったので満足である。

スーパーでデザートを購入して宿に帰る。すぐに温泉で汗を流した。この日はアジア杯3位決定戦。日本対韓国。勝たなければ、次回のシード権がなくなる。後半から宿で観戦。途中、疲れからうとうとしてしまい、気がついたらPK戦になっていた。日韓ともにみんな決めて行く。那智大社での祈りも届かず、5番目の羽生選手が見事に外して、彼はその場で泣き崩れていた。那智大社で購入した八咫烏お守りも一緒に観戦していたのにな。
今日はお休みなさい。

2007年08月08日 (水)

×かちなつうら ○なちかつうら  一日目(その1)

12:11 AM

やって来た18切符の季節。やっと近場旅行ができる季節になりましたな。
が、今回は日帰りではないですぞ。何と、1泊旅行にでることに相成ったのだ。

ある日、家人がぽつり。「串本の方にも行ってみたいな」。今年の夏は和歌山か、滋賀、はたまた三徳山と考えていたが、この一言で和歌山に決定。近場となると和歌山と滋賀ばかりに行きたくなる我らである。が、串本だけでは寂しいし、せっかくならもう少し足を伸ばしてということで、那智勝浦への1泊旅行に決定した。行く3、4日前に決めたので、ホテルなども殆ど埋まっている。紀伊勝浦駅からちょっと離れた民宿があったのでインターネットで予約をしておいた。結局、串本は寄らず、那智大社、温泉、クジラ博物館、落合博満記念館など巡ってみようということになった。

当日。白浜までは流石に人が多い。白浜にもいつでも行きたいが、今回は通過するだけ。白浜駅から海は一つも見えないのだな。途中、串本なども通過する。串本の奇岩群「橋杭岩」も列車から見える。普段海を見る事のない我々には海を見るだけでも心が躍ってしまったりする。海辺に住む人には日常のものなのだろうが。不思議だな。

2007年07月20日 (金)

ラクサ?

シンガポールは1度しか行った事がなく、ワタシにとっては1度行けば十分なところであった。が、そこで食べたラクサだけは大変気に入ってしまった。最近はラクサの素なんていうのも売っていて、簡単に作る事ができて嬉しいことだ。そして、あるところで簡単ラクサの作り方というのを見たので、先日、ちょっとだけやってみた。インスタントラーメンをゆでるのに、水の半分をココナッツミルクにするという簡単なものであった。
韓国の「辛ラーメン」を使うのが一番良いとあったので、一つだけ購入。一人で食べたので、ココナッツミルクの缶では多いため、ココナッツパウダーを出来上がったラーメンに混ぜてみた。
すべてに入れるのは勿体ないので、別の小さな器に少し取ってから混ぜてみる。うむ。。。ラクサ。。。 ココナッツの味はするな。ラクサに似ているといえば似ている。し、しかし。。。 ラクサではない。それより、何より、せっかくの「辛ラーメン」の味がなくなってしまう。。。 全部に入れなくて正解であった。お手軽にラクサっぽい味を楽しむのには良いが、それでは「辛ラーメン」が勿体ない。ラクサはラクサで食べよう。。。シンガポールに何かで行く事があったらラクサ三昧したいものですな。
そころで、「辛ラーメン」。日本用に売られているもの(作り方などすべて日本語表記)と、本国で売られているものは、どうやら辛さが違うらしい。日本用のも同様の辛さにして欲しいな。でも、インスタントラーメンは体に良くないな。

2007年06月24日 (日)

久々のドリアン

Durian

先々週、久しぶりにドリアンを食べた。ジャスコにて購入。タイのものはどんどんドリアン臭さが少なくなっているような感じだな。原始から遠いといった感じ。でも、やはりおいしいな。これからはドリアンの季節だな。
本来、その国のものはその国で食べるのが正しいのだろうな。本当は体もその国の気候に合った食べ物を食べる方が良いのだろうな。輸出が増えると、それだけ国内での供給量は減るのだから、国内での価格が上がるかもしれない。その国の食べ物なのに、余所の国の事情で値段上昇が発生する。なんていうこともあり得るかもかも。
でも、家で各国料理を手軽に作っている現実。
でもでも、中国ものは買わないよ。

2007年06月18日 (月)

オム姉弟

梅雨に入ったにも拘らず、雨が余り降りませんな。今日、明日は雨かな。降ってもらわなければ。
サンテレビで13時からやっている「復活」。余り恋愛、恋愛していないドラマなので見ていられる。「大長今」の医女編にシンビ役で出ていた彼女は時代物の方が良いかもかも?
さて、主役のオム・テウン。二役やっていますが、なかなか良いですな。しかし、最近、オム・ジョンファの実弟と知り、ちょっとショック。に、似ていない。。。
現代劇なので韓国語も聞き取りやすいな。

2007年06月03日 (日)

こ、これは...

今年は全国で水不足が懸念されますな。雪解け水が少なく、梅雨に期待するしかありません。洪水は困りますが...。
さて、サンテレビでは最終回を迎えた「ホ・ジュン」であります。最終回は80分はあるそうですが、50何分間かにカッとされていました。まぁ、80分時間を取るわけにはいかないので、仕方がありませんな。これは見逃した始めの方と合わせてDVDを借りなければ。
しかし、その最終回の終わり方は大問題でしたな。医女のイェジンがホ・ジュンの墓を訪れ、お供をさせた少女の「この方は誰か、愛されていたのか」という質問に対し、「尊敬し、常に想っていた方である、愛されていたかどうかは私があの世に行ってから問うてみよう」という答え。こ、これは、いけませんな。何故、何故、こんな終わり方を。これでは、ホ・ジュンも密かにイェジンを想っていたかのような終わり方ではありませぬか。イェジンは本来小説にはない人物であったし、ホ・ジュンにはダヒという立派な奥方もおり、三寂寺に帰った後は出番はなくても良かったですな。これで終わってはいけません。恋愛ものではないのだし、「東医宝鑑」の輝きがそこで失せてしまった。もっとホ・ジュンの偉大さを表す、他の終わり方はなかったのだろうか。また、「イェジン・アガシ」を「イェジンお嬢様」と訳すのもイケマセン。「アガシ」なんて誰にでも付けるのに...。
トジのお母さんと奥さんのその後も気になりますな。キョムも何をしているのか。
あと、ホ・ジュンの遺体はどうなったのかな。師匠のユ・ウィテのように...やってはいないでしょうな。
DVDを借りなければ、借りなければ。

▲PAGETOP